文章の上達を目の当たりにしました。

私は、夢路塾2期~3期と、塾生の記事投稿サイト
ニュー・ブログ・パラダイス のお手伝いをしていたのですが、

2期の塾参加者さんで、
めざましく文章が上達した方が印象に残っています。

塾がはじまったばかりの頃に
送って来た記事原稿を読んだ時

文章を書き慣れていないのだな、ということが。
一目で見て取れました。

まじめに、一所懸命書いていることはよくわかるのですが、

たどたどしくて、流れがスムーズではなく、
なぜか読みにくい。読んでも内容が頭に入ってこない。

結局、何が言いたいのかわからない。

そんな文章でした。

ところが、塾の3ヶ月が終わる頃に投稿して来た記事を読んで
アレッ? と驚いたのですね。


 ↑励ましのポチッ☆は心の糧です
言葉の使い方が洗練されて、スッキリした文章で、
何を言いたいのかがとてもわかりやすく、

さらに、感情にまで訴えてくるような文章になっていました。


おそらくは、夢路塾名物(?)の
月子さんの文章添削を受けて頑張ったのでしょう。


努力の跡が見て取れる上達ぶりでした。

文章は上達するものなんですね。

なまじ文章を書き慣れていない人の方が。
素直にアドバイスを吸収して、
自分のものにしやすいのだと感じます。

風花初芽を実践する時もそうですが、
新しく学ぶ時には、一度自分の中を白紙にもどして、

素直な気持ちで実践することが上達の近道なのです。



 ↑いつも応援感謝します。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None